あなただけの素敵なオリジナル缶バッチを制作してみませんか?

缶バッチ

復活した缶バッチ

豚

約15年程前でしょうか?娘の誕生日のプレゼントに缶バッチgood!というオモチャを買ってあげた思い出があります。工作や絵を描くことの大好きな娘は、すぐ様、付属の絵柄パーツで次々と作っていったのを覚えております。お友達も何人か同じオモチャを買って、皆で出来た物を交換し合ったり、幼稚園の帽子に何個も付けて目印代わりにしたりしていました。
この商品は、透明シートとホノグラムシートと2種類一緒に付いていて、出来上がりの違いや、自分でイラストを描いたり写真を撮ったりしたものを缶バッチとして使用出来るという楽しさがあります。その缶バッチが最近又ブームになってきている事を知り、驚いているところです。何でも、本体が無くても、100円均一ショップで、クルミボタンキットなる物が売られているそうで、手作りで、缶バッチが作れるとか。でも、透明シートが、皺になりやすいそうで、A4サイズのインクジェット紙を使用すれば、簡単にピンと貼った缶バッチが出来ます。
自分だけのオリジナルの缶バッチをお気に入りのバッグなどに付けてオシャレを楽しむ若者が、結構いるとの噂を聞き嬉しくなりました。今では、某メーカーからも、最新式の玩具が発売されているそうで、子供達にも人気がありそうです。昔よりも大分作業が簡単になっているようです。これから先も、人々にずっと愛され続けられる玩具となっていく事でしょう。

CHOICE